一般歯科・予防歯科

むし歯は早めに治療することが大切です~一般歯科~

むし歯は早めに治療することが大切です~一般歯科~

「歯が痛い」――。そう感じたとき、実はむし歯はかなり進行しています。残念ながら初期段階のむし歯には痛みなどの自覚症状がないため、気づかないうちに静かに悪化していき、歯の奥の神経を刺激するまで進行すると、ついに痛みが現れるのです。

むし歯は、できるだけ早めに治療することが大切です。「瑞江駅前歯科」の一般歯科では、なるべく痛くない治療に努めていますので、わずかな異変も放置せずすぐに当院までご相談ください。

むし歯の放置は危険です!

もしかしてむし歯かな?と気になっていながら、つい放置してしまって……ということはありませんか?それはとても危険なことです。むし歯の放置は、次のようなさまざまなリスクを招きます。

リスク1
激しい痛みが生じる
リスク2
膿がたまる
むし歯は歯を徐々に溶かしながら進行し、歯の奥の神経に達すると激しい痛みが生じます。痛みには個人差がありますが、痛みが強くなる前に適切な治療を行うことが大切です。 神経に達したむし歯を放置すると、神経が死んで顎の骨の中に膿がたまり、歯ぐきが大きく腫れてしまいます。膿を完全に取り除くには手術が必要です。
リスク3
顎関節症を引き起こす
リスク4
顔の筋肉を硬直させる
むし歯が悪化すると、咬み合わせにも悪影響を与えます。さらに顎の骨に達すれば、顎骨骨髄炎(がっこつこつずいえん)を引き起こし、さらに顎関節症(がくかんせつしょう)の原因になることもあります。 むし歯菌が顔の筋肉や神経に達すると、その筋肉が硬直する顔面神経麻痺を引き起こすことがあります。顔面神経麻痺になると、むし歯を治療しても麻痺が残ってしまう可能性があり、注意が必要です。
リスク1
激しい痛みが生じる
むし歯は歯を徐々に溶かしながら進行し、歯の奥の神経に達すると激しい痛みが生じます。痛みには個人差がありますが、痛みが強くなる前に適切な治療を行うことが大切です。
リスク2
膿がたまる
神経に達したむし歯を放置すると、神経が死んで顎の骨の中に膿がたまり、歯ぐきが大きく腫れてしまいます。膿を完全に取り除くには手術が必要です。
リスク3
顎関節症を引き起こす
むし歯が悪化すると、咬み合わせにも悪影響を与えます。さらに顎の骨に達すれば、顎骨骨髄炎(がっこつこつずいえん)を引き起こし、さらに顎関節症(がくかんせつしょう)の原因になることもあります。
リスク4
顔の筋肉を硬直させる
むし歯菌が顔の筋肉や神経に達すると、その筋肉が硬直する顔面神経麻痺を引き起こすことがあります。顔面神経麻痺になると、むし歯を治療しても麻痺が残ってしまう可能性があり、注意が必要です。

瑞江駅前歯科のむし歯治療

当院では、できるかぎり患者さんの治療時の負担を軽減するために、次のことに取り組んでいます。

なるべく痛くない治療への取り組み

「むし歯も痛いけど、治療も痛い。だから歯医者さんには行きたくない」。こんな連鎖では、トラブルも悪化するばかり。当院では、できるだけ痛くない治療のため、さまざまな工夫をしています。

麻酔針の工夫 う蝕検知液の使用
麻酔針の工夫 う蝕検知液の使用
麻酔注射の針には通常より細い極細針を使用し、刺さるときの痛みの軽減に努めています。また薬液は、あらかじめ体温に近い36.5℃に調整しておくことで、体内に入るときの刺激を和らげます。 むし歯菌に感染した部分を染める「う蝕検知液」を使用することで、患部を目視でも判断できるようになります。歯を削る量も少なくでき、より正確な治療が可能になります。
麻酔針の工夫
麻酔針の工夫
麻酔注射の針には通常より細い極細針を使用し、刺さるときの痛みの軽減に努めています。また薬液は、あらかじめ体温に近い36.5℃に調整しておくことで、体内に入るときの刺激を和らげます。
う蝕検知液の使用
う蝕検知液の使用
むし歯菌に感染した部分を染める「う蝕検知液」を使用することで、患部を目視でも判断できるようになります。歯を削る量も少なくでき、より正確な治療が可能になります。

痛くなる前から歯医者に通いましょう~予防歯科~

痛くなる前から歯医者に通いましょう~予防歯科~

「どこも痛くないのに歯医者に行くなんて……」と思われるかもしれません。しかし実は、痛くないときこそが歯科通院に適したタイミング。なぜならむし歯や歯周病は、初期段階では痛みを感じないからです。一度なってしまうと歯や歯ぐきを元どおりにすることはできないため、できるだけ早期発見・早期治療が望ましいでしょう。

逆にいえば、むし歯・歯周病は適切なメンテナンスで予防が可能な病気でもあります。「瑞江駅前歯科」の予防歯科では、定期検診をご案内しています。痛くなる前にご来院いただき、一緒に予防に励みましょう。

担当の歯科衛生士が対応します

当院では「担当衛生士制」を導入しています。これは、一人の患者さんに対して毎回決まった歯科衛生士がメンテナンスを担当するしくみです。

一人の歯科衛生士が、患者さんの治療の状況やお口の傾向などを一貫して把握することで、歯科衛生士間の伝達のもれがなくなったり、より適したメンテナンスをご提供できるようになったりするというメリットが生まれます。患者さんからも、「いつもの歯科衛生士」に何でもお気軽にご相談ください。

当院の予防メニュー

PMTC PMTC 歯科の専門家(衛生士)が専用の器具で行う歯のクリーニングを、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)といいます。ブラッシングをしていてもどうしても残ってしまう汚れを、すみずみまで徹底的に取り除き、最後に歯面をつるつるにみがき上げて汚れの再付着を予防します。
ブラッシング指導 ブラッシング指導 予防においてもっとも重要なのが、毎日の正しいブラッシングです。一人ひとり異なるお口の状態に合わせたみがき方をお伝えし、自分できちんと汚れが落とせるよう指導します。
フッ素塗布 フッ素塗布 フッ素には「歯質の強化」「歯の再石灰化促進」「細菌の活性化抑制」などといった効果があります。そこで定期的に歯の表面に塗布し、むし歯予防を図ります。

大切な歯を守るために、気軽な歯科通院を
初診のご予約はこちらから

>